老若男女

ローヤルゼリーを服用する際の注意点

ローヤルゼリーは、基本的に自然由来のものなので、副作用というものは殆ど無いと考えられています。
しかし、その豊富な栄養価やみつばちの分泌物が含まれているということから、蜂アレルギーのある人によっては要注意物質になります。
また、調整ローヤルゼリーとなると、味や成分の調整のためにローヤルゼリー以外の成分が入っていることがあります。

その場合、それらに対してアレルギーがあれば問題です。
調整用で入れられている成分に対し、アレルギー反応が起きてしまう場合、その成分によってその症状は異なりますが、蜂アレルギーがある人に関しては、ローヤルゼリーを摂取することによって、肌が赤くなり、腫れが出てきたりすることもありますし、お腹を壊すこともあります。
ひどい場合では、嘔吐、めまいなどの症状があるとされていて、そのような症状が見られた際には、すぐに皮膚が赤く腫れてきたり、お腹の調子が悪くなったり、するだけでなく、嘔吐、めまいなどの症状が見られる可能性も出てきます。
また、お腹がゆるくなることもあるそうです。詳しくはこちらhttp://clydesdalefitness.com/loose.html

そもそも蜂アレルギーといえば、やはり二度目の蜂さされによって起きるアナフィラキシーショックが有名でしょう。
ここでわかるように、一度ハチに刺されていたら、ハチ毒が体に入り込んだ時の体の反応で蜂アレルギーの有無が確認できるのですが、そのような経験がないとなかなか自分が蜂アレルギーかどうかはわかりません。
とくに、子どもとなれば、アレルギーの危険性がいまいちわかっていない場合も多く、その場合は親御さんが、大人であれば、その可能性を考慮してローヤルゼリーを摂取することが薦められます。
上記で述べたように、子どもに関しては摂取に関して注意が必要ですが、決して摂取が禁止されているというわけではありません。
ローヤルゼリーには、非常に様々な栄養素がバランスよく含まれているので、むしろ薦めたいくらいですが、アレルギーの危険性とともに、栄養の過剰摂取の危険性もあるので、あまり小さい時からローヤルゼリーを与えるのには、医師の意見を聞いてからにしましょう。
ローヤルゼリーの副作用について詳しくはこちらhttp://buffaloridgefarm.com/acyclovir.htmlをご覧ください。

このページの先頭へ