老若男女

ローヤルゼリー摂取において注意しなくてはならないアレルギーは?

ローヤルゼリー自体に関しては、http://www.tasteofamore.com/syo.htmlにも書いてあるように、やはりみつばちから分泌されているものが入っていることから、最も注意しなければならないアレルギーは蜂アレルギーです。
もし蜂アレルギーがある人がローヤルゼリーを含む化粧品を体に塗ったり、健康食品を摂取することによって肌が赤くなってしまって発疹がでてきたり、激しい腹痛に悩まされることが言われています。
ほかにも症状としては、嘔吐やめまいという症状が出てくることもあります。

基本的に命を脅かされるほどの症状はないとされていますが、アナフィラキシーショックを起こすと別問題です。
基本的に、最初に蜂の成分が体に入った時に、次に成分が入ってきた時に対応するための抗体が作られ、実際に次回成分が侵入した際には、防御機構として機能します。
おたふくかぜは一度引いておくともうかからない、なんていうことはよく知られていますが、これはこの防御機構が上手く行ったパターンです。

アレルギー、その中でもアナフィラキシーショックというのは、この防御が過剰に行われてしまい、抗体の攻撃が侵入してきた成分だけに限らず、宿主自体も攻撃してしまうことです。
ショック、というだけあって非常にこの反応は過激で、命を落とした、と言う話も決して珍しくはありません。
他にも、調整ローヤルゼリーを摂取する場合にはローヤルゼリーそのものではなく、それ以外の組み合わされる成分に気をつけなければなりません。

例えば、ローヤルゼリーとカルシウムの含まれているサプリメントを摂ってみると、カルシウムがカニなどの甲殻類から取られていることから、カニアレルギーの人にアレルギー症状が現れるということがあります。
そのため、大人がサプリメントを子どもの手の届く場所においておくと大変なことになります。
大人は裏の表示で自分のアレルギーと考慮して摂るものを選べますが、子どもはそれを読まず、食べてしまうことがあります。
もしアレルギーを持つ子どもがいるのであれば、そのような健康食品の管理には気をつけましょう。
ローヤルゼリーの副作用について詳しくはこちらhttp://www.suzannevegafilm.com/8.html

このページの先頭へ