老若男女

ローヤルゼリーの適切な摂取量

実は、ローヤルゼリーというものは健康食品であり、医薬品ではないので、他の健康食品同様、摂取量というものに関して特に規定は作られていません。
しかし、あくまでも効果発揮のため、そして安全面から言っても量を取ればいい、というような考えはあまり歓迎できません。
少ない量で継続的に摂取することが重要なのです。

いくら健康”食品”で過剰摂取によってそこまで大きな副作用が報告されていないだけで、過剰摂取で健康に影響されない、ということではないのです。
では、どのくらいの量が適切なのでしょうか?
トクホなどの健康食品を管理している日本健康・栄養食品協会の公開しているがデータによるとhttp://www.gege.jp/meyasu.htmlにも書いてあるように、ローヤルゼリーの1日の摂取は大体500mgから3,000mgが目安量となっています。

ですが、これはあくまでも一般的な数値であり、含有成分、もしくはローヤルゼリー自体に少々敏感であれば、摂取量の目安範囲内であってもなにかしら不快症状が出ることがあるそうです。
基本的にお腹を下す、くらいのものですが、場合によっては成分にアレルギー反応を起こし、発疹が出たり、めまいや嘔吐などの症状が見られたりします。
わかりやすく、以前蜂アレルギーが出た、などの前情報があればいいのですが、ローヤルゼリーを食べて初めて分かった、ということもあるため、例え摂取量を守っていても、なにかしら体に症状が現れたのであれば、すぐに摂取を中断し、症状が収まらない場合には医師に診断してもらってください。

調整タイプになれば、ローヤルゼリーに関係無いものも入っているので余計注意が必要です。
また、目安量は体の状態であったり、年齢や性別といった条件下で調べられてはいません。
そのため、闘病中であったり、体の弱い高齢者や消化器官が未だ未熟な子ども、さらに妊婦や授乳中のお母さんなど、特殊な条件が加わってくると、その目安量が変化していきますので、もし不安があれば一度医師に相談してみるなどして、安全を測っておきましょう。
ローヤルゼリーは多数販売されていますので、迷っている方にはhttp://www.frontierstrvl.com/highrank.htmlのサイトに満足度の高いローヤルゼリー ランキングが載っているので是非ご覧ください。

このページの先頭へ