老若男女

生のローヤルゼリーは賞味期限が短い?

生ローヤルゼリーというのは、自然界から取れた女王蜂の専用食なので、非常に多くの栄養分をバランスよく含んだ総合栄養食品といえます。
やはり自然そのままの状態で得られるローヤルゼリーのことで、熱などに対して抵抗の低い健康成分を十分取り入れられるというメリットはありますが、残念ながら少し特殊な酸味があるため、味が苦手の人にとっては、受け付けづらいといえます。
また、なまものであることから、乾燥させたものや調整したものと比べて保管が難しいこともデメリットとして挙げられます。

しかし、それでも保存は冷凍庫に保存の場合、賞味期間、つまり保存可能期間はだいたい3年間だと言われています。
また、保存は冷蔵庫でも大丈夫です。
その場合の賞味期間は、保存期間は1年間程度と言われています。

また、常温においても保存が可能で、保存期間はだいたい15日前後だとされています。
もちろん、大量に購入した際には、その期間に使い切るというのは難しいかもしれませんし、旅行などに持っていくのも少々やりにくいものがあります。
また、冷凍した場合、それを解凍しなければならないという手間がありますが、きちんと計算しておけば十分消費期限内に使い切ることが出来るでしょう。

摂取の際には、最も効率的な方法として、舌下吸収があります。
方法は簡単で、そのまま舌の下に入れて摂取します。
この方法であれば、くせのある独特な酸味を感じにくく、さらに成分を胃酸に触れさせずに成分を取り入れられるので、非常に効率的な方法と言えます。

これではあまり食べた気がしない、というのであれば、冷凍状態でシャーベットにして食べたり、はちみつやヨーグルトに混ぜ入れたりすることがオススメです。
他にも、ジュースや牛乳などの乳酸飲料に混ぜると酸味を消せて、ストレスなく生ローヤルゼリーを摂取できます。
しかし、この際には、熱した飲料やお茶といったタンニンを含むような飲料を併用するのは避けましょう。
せっかくの成分吸収を抑えてしまいます。

このページの先頭へ