老若男女

ローヤルゼリーは認知症にも効果が期待できる?

私たちの脳の中は、様々な情報伝達を行うネットワークが形成されています。
そして、それらの情報を運ぶのが電気のような働きのある神経伝達物質と言われている物質群です。
その1つが、アセチルコリンなのです。

アセチルコリンは、神経伝達物質の中でも重要なものとして様々な研究をされています。
そして、ローヤルゼリーには、このアセチルコリンを含んでいることが知られています。
ローヤルゼリーは非常に栄養素が豊富で総合栄養食品としても、美容促進料としても知られていますが、アセチルコリンの様な機能性成分を含むことでも知られているのです。

研究の一環の中で、アルツハイマー型の認知症で亡くなった人の脳を調べたところ、アセチルコリン活性が低いということが判明しました。
そのため、アセチルコリンは認知症の予防と治療に効果を発揮することが期待できると注目されているのです。
他にもアセチルコリンは脳細胞を賦活する作用があると言われていて、脳細胞の活性化によって頭が良くなるとも言われているので、年齡を問わず空目されているのです。
また、ローヤルゼリーはガン・生活習慣病にもとても効果的です。
詳しくはこちらhttp://www.puqo.org/06ga.html

アセチルコリンはアルツハイマーになれば、その量が急激に減少しますが、加齢によってもその量は少しずつ減っていきます。
そのため、外部からローヤルゼリーのようにアセチルコリンを含むものを摂取する必要があるのです。
アセチルコリンは、他にも更年期障害にも有効だとされています。
http://r-zero.jp/kou.htmlにも書いてあるように更年期障害とは、女性の閉経前後に起きる女性ホルモンの分泌の激減によって起きるもので、様々な症状が出ることで知られ、その中には、自律神経の乱れによる精神的な不快症状があり、アセチルコリンを摂取することによってそれを緩和することができると言われています。
そもそも若年性アルツハイマー病などの発症原因もアセチルコリンがないことが原因と言われているので、日頃からローヤルゼリーを摂取することによって若年性アルツハイマー病、そして認知症の予防が出来ると考えられているのでオススメです。
また、ローヤルゼリーは子供にも摂取させても良いのでしょうか。詳しくはこちらhttp://puti-ange.jp/child.html

このページの先頭へ