老若男女

風邪を引いている時にもローヤルゼリーを摂取して平気?

風邪を引いた時に必要となるのは、体を温めること、水分を取ること、そして栄養を摂ることです。
実はこれら3つに関して効果をもたらす事のできるローヤルゼリーですが、特に最後の栄養摂取に感じて非常に有効であると言えます。
ローヤルゼリーと病人は深い関係があるのです。
まず、ローヤルゼリーには、体の機能を正常に運営するために必要となるアミノ酸を豊富に含みます。

ローヤルゼリーに含まれるアミノ酸はというのは、体に必要となるエネルギーを作り、風邪を治すために努力する体の疲労を回復させてあげる効果が期待されます。
そのため、風邪の際には非常に有効であると言えます。
また、ローヤルゼリーには、三大栄養素と言われるタンパク質や脂質、糖質が含まれるほか、40種類を超える栄養素が含まれています。

ビタミン類なども非常にバランスよく含まれているので、風邪の時食欲がなくなってしまう人にはオススメです。
特に風邪の時期にビタミン類がないと様々な病気につながることが知られています。
ビタミンB1が不足してしまうと、脚気になる危険性がまし、さらに、心臓肥大などの健康障害をもたらします。

ビタミンB3、通称ナイアシンは、アルコールによって減少し、皮膚炎や消化器系の異常などに繋がります。
また、ビタミンC不足では、お肌の不健康さとともに、風邪の時期には絶対に避けたい面積力の低下を起こしてしまい、ひどくなれば壊血病の原因にもなります。
骨粗しょう症の原因の1つともいわれるビタミンD不足も非常に危険です。

ビタミンD生成には日光が不可欠なので、風を引いて暗い部屋にいると骨がもろくなってしまいます。
ビタミンB12不足になると、黄疸になる危険性があり、これらを総合的に見ても、ビタミン不足が深刻な病気につながることが分かります。
極端にこれらのビタミンが不足することがなくても、少し摂取量が十分にはならないということになると、どうしても体がだるくなったり、風邪の症状が長引いてしまうので、ローヤルゼリーを摂取するなどして、風邪の時期の栄養摂取に活用しましょう。
また、ローヤルゼリーと蜂蜜の違いについての記事も是非ご覧ください。

このページの先頭へ