老若男女

蜂蜜を食べればローヤルゼリーを摂取できるわけではない?

ローヤルゼリーとはちみつは、両方共みつばちから産生されることから、混同されやすいですが、実は多くの点で異なってきます。
まず、ローヤルゼリーは、王乳という別名があるように、女王蜂専用の食べ物です。
この女王蜂は毎日2000個にものぼる卵を一生に渡り産み続け、さらに働き蜂より体長は2倍以上、さらに約4倍もの寿命を持つことができます。
そのことから、ローヤルゼリーは生後数日しか摂取せず、あとははちみつだけで生きる働き蜂と一生ローヤルゼリーを食べる女王蜂に見られる差と言うのは、ローヤルゼリーとはちみつの差が大きく関係していると考えられます。

この2つの最も大きな違いというのはその含有成分でしょう。
含有成分が大きく異なる理由というのは、まずその作り方から分かります。
はちみつは、集められてきた蜜と花粉から作られますが、ローヤルゼリーは、さらにこの2つに若い働き蜂の活発な代謝の行われる体内で合成されたクリーム状の乳白物質と混ぜ合わされることで作られているので、はちみつにはない様々な成分が入ることが考えられます。
気になるローヤルゼリーのカロリーについても参考にご覧ください。

さらにローヤルゼリーを食べるのが、女王蜂だけということからも、量的な希少価値があることが分かります。
含まれている成分を細かく見ていくと、はちみつはその甘味からわかるように、ほとんど糖分で出来ていますが、酸味が強いローヤルゼリーは、カロリーはほとんど入っていません。
また、半分以上が水分で占められ、残りの一割が糖分、そして2割ほどに三大栄養素と呼ばれる炭水化物もしくは糖質、脂質、そしてたんぱく質をはじめ、様々なビタミンやミネラル、そして必須アミノ酸など、その数約40種類以上もの多くの栄養素をバランス良く含んでいるのです。
そのため、ローヤルゼリーとはちみつは完全な別物であり、はちみつを食べるとローヤルゼリーの有効成分というのはほとんど摂取できないということが分かります。

このページの先頭へ