老若男女

ローヤルゼリー配合の化粧水はどんな効果がある?

ローヤルゼリーは、高い美容効果があることで知られています。
そのため、化粧品によく含まれる成分となっています。
その具体的な美容効果を導いてくれる成分としては、まず類パロチンが挙げられます。

この類パロチンとは、ローヤルゼリーの特徴的成分であり、唾液腺ホルモンと言われ、人間の成長に関わるホルモンの一つであるパロチンと非常に作用が似ている成分である為、その特徴から類パロチンと呼ばれています。
具体的な成分の作用としては、新陳代謝の活性化が挙げられます。
パロチンは、その活性化作用によって、アンチエイジング作用が期待できることから、若返りホルモンとまで言われています。

具体的には、肌に潤いを与えるとともにそれを維持させるための保湿性を与え、ハリを導き、シワやたるみといった老化現象を抑制してくれます。
赤ちゃんのうちは、よだれが多いのはこのホルモンが活性化されているからとも言われています。
幼少時は活発に分泌される成分ですが、残念ながら20歳を過ぎてくると生産量が低下してしまうので、肌は徐々に老化を始めてしまうのです。

そのため、このローヤルゼリーを含む化粧品は、非常にアンチエイジングに効果的であるとされるのです。
また、それ以外にもローヤルゼリーには、特に肌の老化を抑制してくれるパントテン酸が含まれています。
パントテン酸は、以前であれば、ビタミンの一種として、ビタミンB5と呼ばれていました。

パントテン酸も新陳代謝を高める効果があることから、類パロチンとの相乗効果が期待できます。
また、パントテン酸はコラーゲンの生成に必要であるビタミンCの働きを高める成分であるため、美肌のビタミンとも言われています。
ビタミンは肌から吸収される事ができるため、化粧品によって効率的にアンチエイジング効果を得ることが出来るとされています。
そのため、若々しい美肌維持のために、アンチエイジングのためにローヤルゼリー含有化粧品は非常にオススメです。

このページの先頭へ