老若男女

生のローヤルゼリーはどんな味?

生ローヤルゼリーは自然界からそのまま摂取できるタイプなので、熱に弱い成分であったり、
乾燥などの人工的な処理に耐えられないデリケートな成分も体に摂り込むことが可能になります。

粉末タイプでは特に問題になりませんが、生ローヤルゼリーははちみつと異なり、その糖分の低さから非常に酸味の強いものになっています。
そのため、酸味とともに、舌先にちょっと刺激が来るような風味で、基本的に利用者の殆どが飲みづらさを感じるといいます。

では、この苦味成分を除くというのはどうなのでしょうか。
実は、それをしてしまうとせっかくのローヤルゼリーの栄養成分除いてしまう結果につながります。
というのは、その苦味というのはデセン酸というローヤルゼリーに入っている特徴的な健康成分であることです。

この特有成分は食品業界だけでなく医療界でも注目を浴びている成分で、効果としては生活習慣病やバセドウ病といった難病にも治療や症状緩和効果を発揮すると期待されています。
良薬口に苦しとはこういうことでしょう。
しかし、当然ながら、ローヤルゼリーは健康食品であり、薬ではありません。

つまり、必要な時にローヤルゼリーを摂取するということではローヤルゼリーの効果を十分に受けることが出来ません。
そのため、長く摂り続けることが重要になります。
そのため、よりローヤルゼリーをきちんと毎日摂るなら摂りやすい工夫をする必要やあります。

冷凍状態でシャーベット状にしてシロップやはちみつをかけて食べたり、ヨーグルトに混ぜて食べたりすると、酸味が抑えられて便利です。
基本的に熱を加えると中の成分が壊れてしまうので、冷やした状態で食べるようにしましょう。
また、お茶に含まれるタンニン物質はせっかくの成分の体への吸収を抑制してしまうので、あまり一緒に摂ることはオススメしません。
出来るだけ味を感じたくないのであれば、舌の下に入れて、舌下吸収によって生ローヤルゼリーを摂取するのも良いでしょう。
この際には、プラスチック製のものを利用しましょう。
ローヤルゼリーの服用時の注意点についても参考にご覧ください¥。

このページの先頭へ