老若男女

ローヤルゼリーの摂取にベストな時間帯は?

ローヤルゼリーは、http://www.hajimeru.com/drink.htmlにも書いてあるように「健康”食品”であり、決して医薬品ではないので、厳密にいつ摂取したらよいかということは特にはありません。
しかし、やはり目的によっては非常に効率の良い摂取のタイミングというものが存在します。
まず、口から摂取するタイプであれば、疲れが取れないとき、なんとなくだるいとき、さらに空腹時にとれば、すぐに効果を実感することが出来るとされています。

この条件にピッタリのタイミングといえば、朝の目覚めのでしょう。
1日の始まりをエネルギーたっぷりのローヤルゼリーで始めるとお腹は空っぽで、様々な栄養素を非常に効率よく吸収してくれる状態に体がなっているので効率よく1日の元気に繋がります。
方法としては、最も吸収率が高いとされる舌下吸収がオススメです。

他にも、一日の疲れがたまってくる夕方の4時頃、なんてのも適切なタイミングでしょう。
午後の独特な眠気もあり、事務作業などの仕事には特に集中できなくなってくる時間のことのタイミングに摂取すると、15分前後でなんとなく体が軽くなったような感覚がわかるという声もあります。
また、朝にすんなりと起きられない、二度寝してしまう、と言う場合は、上記にあった、朝起きてから摂取、というのもよいのですが、事前に夜寝る前に飲んでみるというのもオススメです。
効果の出始めはいつぐらいでしょうか。詳しくはこちらhttp://www.gyteturkce.org/2.html

もし肌から摂取する場合であれば、やはり洗顔後がよいでしょう。
さらに、お風呂の際に一緒に顔を洗い、お風呂の湿気がこもった中でローヤルゼリー配合化粧水などを利用すると、毛穴が開いていて、ローヤルゼリーの中にあるビタミン類などの有効成分が効率よく肌から吸収されると言われています。
また、前日に寝る前に化粧水などを使った際には、朝起きた際にも、まだローヤルゼリーが皮膚に残っているかもしれないので、朝からバシャバシャと洗顔料を使って顔を洗うのではなく、ぬるま湯で歩くゆすぐ程度にしておきましょう。
皮脂を摂り過ぎると、皮膚のガードが低くなってしまいます。
タイミングを上手く捉えることでローヤルゼリーを有効に活用しましょう。
また、気になるローヤルゼリーの歴史についてはこちらhttp://www.healthetech.com/rekisi.html

このページの先頭へ