老若男女

生のローヤルゼリーの方がアレルギーが起こりやすい?

ローヤルゼリーは非常に健康、そして美容効果が期待できる成分として、老若男女におすすめできる成分となっています。
しかし、早速摂ってみたい!と探そうとしても、その商品の種類に圧倒され、なかなかどれにしたらいいのか選べないかと思います。
そこで、どのような商品を選べばいいのかという選択肢についてご紹介していこうかと思います。

やはり気になるのは、安全性です。
せっかく大きな効果の期待できるローヤルゼリーのような健康食品を摂ってもその安全が保証されていないのであれば、プラマイゼロどころか、マイナスになってしまいます。
食品の安全性に関して成分で気になるのは、アレルギー物質があるかどうかです。

種類としては、大きく生タイプ、乾燥タイプ、そして調整タイプがありますが、生タイプは、その名前の通り、生なので、他のタイプと違って腐ることが心配になることがあるかと思います。
生ローヤルゼリーには常温でも保存可能であるはちみつと異なり、高い水分含量があり、様々な栄養素が含まれているので、いわゆる”腐る”という現象が起きてしまいます。
そのため、乾燥タイプや調整タイプのように加熱処理を加えたものより保管に条件がつき、さらに賞味期限が短くなってしまいます。

生ローヤルゼリーは、その豊富に含まれるという栄養分にタンパク質もあることから、アレルギー発症の危険性を産んでしまいます。
通常肉を腐らせてそれを食べることによって起こりうるとされていることですが、栄養分が豊富な生ローヤルゼリーでは同じ可能性があります。
もちろん、含有成分にアレルギーを持っていたり、ローヤルゼリーが蜂の分泌物を含んでいることから蜂アレルギーを持っていると問題なのですが、それらのアレルギーはない!と思って、消費期限の切れた、もしくはきちんと保管していなかったローヤルゼリーを食べてしまうとアレルギー、そして最近ではがんの発症にも繋がるとされています。
なまものの扱いには気をつけましょう。

このページの先頭へ