老若男女

ローヤルゼリーでアンチエイジング可能?

アンチエイジングといえば、最も代表的なのはお肌の老化現象のシワやたるみの防止でしょう。
そのために非常に有効だとされているのはローヤルゼリーなのです。
ローヤルゼリーに含まれる有効成分の1つであるパントテン酸は、美容のみならず、健康にも非常に良いとされています。

作用としては、血管壁の内側に張り付いた酸化されたコレステロールや中性脂肪などを取り除き、どろどろを解消してくれるので、血液の流れをスムーズにし、高血圧症を予防し、治療効果も期待できる他、毛細血管にまで十分豊富な栄養や酸素を届けることが出来ます。
血流が良くなることで、お肌のターンオーバーが促進され、新陳代謝が高められます。
その結果、若々しい美肌を手に入れられるというわけです。

この肌のターンオーバーとは、お肌の表面にある細胞が一定のサイクルの中で再生を繰り返す動きであり、おおまかに言えば、新陳代謝そのものを意味します。
つまり全身の細胞の賦活作用もあるので、ローヤルゼリーでお肌のアンチエイジング以外でも健康に良い、ともされているのです。
他にも、ローヤルゼリーには、女性ホルモンの分泌促進効果が期待できます。
またローヤルゼリーで自律神経を良くしてくれます。

イソフラボンのように、女性ホルモンそのものの働きをすることはないのですが、非常に上質なアミノ酸がふんだんに含まれていることから、女性ホルモンの分泌量を増やしてくれることで、その活性を強めることが出来ると期待されます。
そのため、ローヤルゼリー摂取により、生理周期を整えたり、女性らしい体つきを作ったり、きめ細かい美しい肌を始めとした、女性らしさを導くための効果が期待されます。
なにしろ、様々な重要な働きをする女性ホルモンの存在量というのは、年齢とともに減少してしまいます。
そのため、ローヤルゼリーのように、ホルモン分泌量を増やしてくれる外部からの成分が必要になるのです。
特に、このホルモン分泌量の低下は、閉経後の女性によくある更年期障害の症状を緩和してくれる働きもあるから、ローヤルゼリーは非常におすすめできる成分であるということが分かります。
ローヤルゼリーは食べるアンチエイジングなのです。

このページの先頭へ